血圧が高い時の食事

血圧が高い時の食事は何がいいい?

 

 

 血圧が高い時の食事は、基本的に塩分を多く含む食べ物を食べないようにするのが大事です。
 しょうゆなどの調味料は、かけすぎないようにしましょう。

 

 しかし、いきなり調味料の量を減らしてしまうと、ストレスがたまり、それが血圧を上げる原因になってしまいます。
 徐々に量を減らすなど工夫をしましょう。
 また、減塩した調味料がある場合にはそれを使うようにしましょう。

 

 塩分を多く含む食べ物も、血圧が高い時の食事では食べないようにしておきましょう。
 塩分が多い食べ物を例に挙げると、梅干し、つくだ煮、ハム、漬物などがあります。

 

 血圧が高い時の食事では、動物性脂肪をとらないようにすることも大事です。
 動物性脂肪を含む食べ物は、冷凍食品、インスタント食品、フライドチキン、フライドポテト、ハンバーガーなどのファーストフードです。

 

 しかし、これらの食事を我慢しすぎるのも、ストレスがたまり逆に悪化してしまうこともあります。
 調子がいい時に、たまに食べる程度であれば問題はないので、自分の体と相談して、食べる時期を決めましょう。

 

 

 

 次に、血圧を下げる食事ですが、マグネシウム、カリウム、カルシウムを多く含む食べ物を食べるのが良いです。

 

 マグネシウムを多く含む食べ物は、わかめ、昆布、あおのり、桜えび、干しえび、煮干し、アーモンドなどです。
 カリウムを多く含む食べ物は、さつまいも、じゃがいも、ほうれん草、エリンギ、シメジ、シイタケ、海苔、ひじきなどです。
 カルシウムを多く含む食べ物は、ヨーグルト、いわし、ちりめんじゃこ、煮干し、納豆、木綿豆腐、小松菜などです。

 

 他にも、水分をこまめにとるなども効果的です。
 緑茶などのお茶も、血圧を下げてくれる効果があります。
 外食などは出来るだけ避けて、自分で栄養バランスや、塩分の調整ができる自炊がオススメです。

 

 高血圧は、食事制限をしないといけないため、食べることが好きな人には辛いものです。
 しかし、調理方法を工夫する、いつもと少しだけ味付けを変えるなどすれば、おいしく食べられる方法もありますので、色々な調理方法を試してみましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 高血圧の食事には梅干しがいい?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。