高血圧 糖尿病 何科

高血圧や糖尿病の検査や治療は何科がいい?

 

 

 生活習慣病と呼ばれている高血圧や糖尿病は、幅広い年齢層の間で発症する恐れがあるため注意する必要があります。
 ここ近年では若者が高血圧や糖尿病を発症するリスクも高いと言われ、専門家達が警鐘を鳴らしてきています。

 

 そもそも高血圧・糖尿病は中高年層の間で起きやすい病気として知られていましたが、現代では若者にもその病気が起きてしまう世の中となります。
 高血圧・糖尿病の検査や治療については病院で受けることができます。
 何科を受診したら良いのかというと、専門医が常駐している所が無難で、内科・循環器内科・血液内科等があります。

 

 何科を受診したら良いのかと考えていたら上記で紹介した科を頼りにすることが大切となります。
 また、受付にいるスタッフに何科に行けば良いのかという質問をしてアドバイスを受けるという手もあります。

 

 高血圧・糖尿病の検査については血圧測定をはじめ、尿検査・心電図・血液検査等になります。

 

 

 

 もし高血圧の場合には、薬を処方して経過を診ていくことになります。
 医師からの生活指導を受け、それを行っていくことになり食事制限や塩分・糖分の制限も行うことになります。

 

 また、適度な運動を心がけたり、ストレスを溜めないように工夫をしたり、栄養バランスがとれた食じを心がけていくようになります。
 そして、お酒を飲んだりタバコを吸ったりする人は、禁煙・禁酒を心がけることが重要となります。

 

 高血圧は場合によっては入院が必要となる場合もあり、別の病気が原因でこの現象が起きていることもあるからです。
 糖尿病については検査を受け治療が必要の場合についてはこちらも薬を中心とした治療が行われ、医師からの生活指導や食事制限について指導を受け実践していくことになります。

 

 こちらは血糖値や尿酸値を下げていくことを中心に治療を行うため、長期間の通院が必要となり、症状が重い場合は入院して専門的な治療を受けることになります。
 この2つの病気はとにかく早期対応が大切となりて病院を選ぶ時は専門医が入る所を見つけそこを受診することが大切となります。

 

 次の記事はこちらです。
 高血圧を薬の強さで調節していいの?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。