高血圧 若い 女性

若い女性には高血圧が多い?

スポンサーリンク

 

 生活習慣病が社会問題化しています。
 高血圧になる人が増加しており、心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化などの命に関わる病気を招いているのです。

 

 いつまでも健康を維持するために、生活習慣には気を付ける必要があります。
 若い方の中には、高血圧は高齢者の問題と考えている人が多くいます。
 しかし、若い人でも高血圧となる人が増加しており、特に女性の患者数が増えています。

 

 35歳までの若い時期の高血圧は「若年性高血圧」と呼ばれ、食の欧米化やストレス増加が発症原因と考えられています。
 若年性高血圧には、本能性と二次性の2種類があります。

 

 本能性は、生活習慣や遺伝的要素が関係しています。
 それに対し二次性は、ホルモン異常や心臓、血管、肝臓の病気が関係しています。

 

 若い女性は二次性にかかりやすく、若い患者の内3割が二次性と言われています。
 ホルモンバランスの崩れが原因であれば、時間の経過とともに自然に正常値に戻ります。
 しかし、原因がホルモンバランスの崩れでなければ、病院での治療が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 高齢者でなくとも、若い時から血圧は毎日計ることが推奨されています。
 血圧を毎日計ることで、すぐに体の不調を把握できます。

 

 特にストレスを常に感じている女性は、ホルモンバランスが崩れやすい環境にあります。
 毎日血圧を測定し、体の調子を把握しましょう。

 

 血圧が高いなと感じた場合には、生活習慣をすぐに見直すことが重要です。
 十分な睡眠時間を確保すること、栄養バランスに優れた食ことを摂ること、適度な運動は欠かさないことで、規則正しい生活を送れます。
 また、タバコやアルコールの摂取量を減らすことも、血圧を安定させます。

 

 その他、自分なりのストレス解消法を確立させることもおすすめです。
 40℃弱の湯船に20分ほど浸かるだけで、自立神経が整いストレスを解消できます。
 ホルモンバランスを乱さないようストレスと上手く付き合うようにしましょう。

 

 若い時から高血圧が続くと、将来の健康を損なうことにつながります。
 高齢じゃないから大丈夫とは考えず、常に自分の血圧は把握することが重要です。

 

 次の記事はこちらです。
 高血圧で起こるめまいと嘔吐は危ない?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。