高血圧 頭痛 ロキソニン

高血圧で頭痛?ロキソニンを服用すると?

スポンサーリンク

 

 生活習慣病の一つに含まれている高血圧は中高年に多いとされていますが、今では若年者にも発症する恐れがある病気の一つであるため気をつけていかなければいけなくなります。 

 

 高血圧を引き起こしてしまう原因については様々あり、生活習慣の乱れ、喫煙・飲酒、ストレス、睡眠不足、肥満、動脈硬化等が挙げられています。
 高血圧には多くの症状があり、初期症状としては頭痛・不眠・肩こり・めまい・耳鳴り・頭重感・鼻血・貧血があり、症状が重くなるとむくみ、手足の痺れ、頻尿、胸痛、呼吸困難を引き起こします。

 

 そのため、少しでも違和感を感じたりしていたら放置はせずに病院に行って診療を受けるようにしましょう。
 高血圧はサイレントキラーとも呼ばれていて、重篤な病気を発症させる引き金にもなるため早期発見と治療が重要となってきます。

 

 ちなみに高血圧は健康診断や人間ドックを受けた時に発覚することが殆どであるためすぐに対応できるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 病院に行った時に何科を受診すれば良いのかというと、内科・血液内科・循環器内科等がいいでしょう。

 

 主な検査方法については血液検査・血圧測定・問診・尿検査・眼底検査・心電図検査・胸部X線検査等で、頭痛の症状で悩まされている場合については頭部のMRI・MRA検査、超音波検査を行います。

 

 治療方法については様々あるため、状況や状態に応じて決めていくことが可能となります。
 気になるのは高血圧の症状で起きる頭痛となりますが、これを抑制するためにロキソニンを服用しても良いのかについては医師と相談を行って決めていくことが大切となります。

 

 確かにロキソニンは高血圧の頭痛を抑制するのには最適な薬となりますが、他の薬と一緒に服用した時に相性が悪いと副作用が酷く出たり別の病気を発症したりする可能性もあるからであります。
 そのためロキソニンを服用したい時には、まずは医師に相談をすることが大切です。

 

 次の記事はこちらです。
 血圧を上げる食べ物と下げる食べ物には何がある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。