肺動脈性肺高血圧症 余命

肺動脈性肺高血圧症!その余命は?

 肺動脈性肺高血圧症になったら、余命はどうなるのでしょうか。

 

 肺動脈性肺高血圧症は、極めて稀な病気です。
 100万人に2人ほどの割合で発症するするもので、発病率は低い病気です。

 

スポンサーリンク

 

 また自覚症状がなく、自分が肺動脈性肺高血圧症という病気を抱えているにも関わらず放っている人もかなりいることが推測されます。

 

 それだけ珍しい病気なので、どんなに医学を極めた医師でも、教科書の隅に書いてある名称というくらいの知識しかないことも多いです。

 

 また、肺動脈性肺高血圧症に罹っている患者を初めて診るという医師も稀ではありません。
 しのため、治療が出来る病院も限られています。

 

 かつてそんな病気に罹患した場合の余命は、長くて3年弱と言われていました。
 完全に病気を治すためには、肺移植しか方法がなかったのです。

 

 ところが現在では新薬の研究が猛スピードで進められて、内科治療によって余命を長くすることが可能になって来ています。
 また、内服の抗がん剤など数種類の新しい薬にどれほど期待して良いのかが、解明されつつあります。

 

 次は一般的な症状についてです。
 これは息切れが酷かったり、平らな場所では大丈夫ですが、階段や坂道を上るのは至難の業です。

 

 また、安静にしている状態では特に異常がないように見えます。
 しかし、疲れやすい症状がいつもあるにも関わらず、周囲からはさぼりると誤解されがちです。

 

スポンサーリンク

 

 ここからは、少し細かい点を見て行きましょう。

 

 肺動脈性肺高血圧症では、心臓から肺に血液を送る働きを持つ肺動脈という血管の末梢にある細い動脈の内部が狭くなり、血液が通りにくくなります。
 それによって、肺動脈の血圧が上がるのです。

 

 心臓の中で肺動脈に血液を送りる部位を右心室と呼び、これは高い圧力に耐えられないように出来ています。
 肺動脈は圧力が高くなって時間が経つと機能低下してしまいます。

 

 研究によって様々な治療薬が生み出された中でも、特に肺の血管を拡張させる薬の開発が進み、余命が長くなるなどの効果が確認出来ています。

 

 もし何らかの原因で肺の血管内腔が狭くなってしまい、肺を通過する血液が不十分になると、心臓は何とかして血液を送り出そうとし、肺動脈に負担がかかるのです。
 そんな肺動脈に血液を運ぶ右心室はより強い力を要求されます。

 

 そこで身体は心筋を太くして対応しようとしますが、それもまた、右心室に強い圧がかかってしまい、右心室の壁は厚くなって拡張し、働きが悪くなってしまうのです。

 

 この病気には、いくつかの種類があります。
 肺動脈性肺高血圧症によるもの、心臓によるもの、肺の病気や低酸素によるもの、慢性の血栓や塞栓によるもの、その他に分類されます。

 

 この病気は30歳くらいまでに発症し、病気が進行すると呼吸困難や立ちくらみなどが見られるようになり、子供が罹患した場合には失神することで発見されます。

 

 次の記事はこちらです。
 人工透析の原因は高血圧だった?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。