高血圧 薬 副作用 認知症

高血圧の薬を飲むと副作用で認知症になりやすい?

スポンサーリンク

 

 生活習慣病のひとつである高血圧の治療をしている人にとって、気になることがあります。
 それは、血圧を下げる降圧剤を服用すると認知症になりやすくなるという副作用です。

 

 まず、高血圧と診断されるとなぜ降圧剤を服用し血圧を下げるのでしょうか。
 それは、高血圧の進行によって脳卒中や心筋梗塞など他の深刻な合併症も発症する可能性が高くなるために、降圧剤の服用によってそれらの発症を防ぐのです。
 これは現代の医療でのごく一般的な高血圧の処置になります。

 

 しかし一方で降圧剤は認知症を発症させる副作用があるという意見があるのも事実で、この二つの意見の狭間でたくさんの人が苦しんでいるのです。
 なぜこのような話がでるのでしょうか。

 

 降圧剤を使う当然ながら、血圧が下がります。
 すると脳への血流量が減ってしまい、やがて脳への酸素供給量が足りなくなり認知症を発症してしまうという一面があります。

 

 しかし、高血圧は動脈硬化を促進します。
 薬を服用せずに動脈硬化が進むとさらに血圧は高くなります。
 すると、脳への血流不足が起こりやがて認知症を発症する可能性が出てくるのです。

 

スポンサーリンク

 

 では降圧剤は服用すべきなのか、そうではないのかどちらなのでしょうか。
 これは一概には言えません。

 

 認知症というのは、いろいろな症状をまとめたものの総称であり疾患名ではありません。
 症状には様々なものがあり、記憶障害・判断力障害・理解力障害・失語・失行などいろいろなものがありどの症状を発症するかは人それぞれです。

 

 そしてそれを起こす可能性のある原因疾患もまたいろいろあるのです。
 一番多いのはアルツハイマー症で約半数にのぼりますが、続いて多い疾患は脳卒中に起因するものなのです。

 

 脳卒中を起こすと、後遺症として高次機能障害が残る場合があります。
 これは意識や知能にかかわる後遺症にあたり、脳血管性認知症となるのです。

 

 つまり脳卒中を起こさないことが認知症発症予防のひとつになります。
 ですから、脳卒中を起こさないための治療が優先されるべきであって、薬の服用ありきの治療ではないのです。

 

 血圧の値や状態によっては降圧剤を処方される場合もあるでしょうし、生活習慣の改善を求められる場合もあります。

 

 どちらにしても副作用を恐れた自己判断の中途半端な治療は危険です。
 信頼できる医師と相談しあって、脳卒中にならない血圧治療を続けていくべきなのです。

 

 次の記事はこちらです。
 一過性高血圧の原因とその対処は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。