高血圧 症状 ふらつき

ふらつきは高血圧によって起こる症状?

スポンサーリンク

 

 高血圧になると血圧が急に変動することにより、脳へ送られる血液量が不安定となり症状としてめまいやふらつきが起こるようになります。
 高血圧にならないための対処法としては健康的な生活を送ることです。

 

 食べ過ぎやアルコールの過剰摂取を控え、規則正しくバランスの良い食生活を行い十分な睡眠をとって喫煙も控えることです。
 これらは他の病気の予防にもなります。

 

 十分な睡眠は血圧を安定する効果があるので、同じ時間帯で同じ睡眠時間をとることが良いです。
 コーヒーの飲みすぎも、コーヒーにはカフェインが含まれており眠る妨げになるため良くありません。

 

 高血圧と診断された場合には、まず生活習慣の見直しから行う必要があります。
 病院で処方された薬を服用していればこれ以上症状が悪くなることを食い止めることはできますが、病気になった根本原因の見直しを行わなければなりません。
 特に中高年は年齢を重ねていくと基礎代謝が落ちますので、食べる量を減らさなければ運動量が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

 高血圧の症状にはふらつきだけでなく、激しい頭痛やおう吐、めまいなどがあります。
 これらは血液が安定して運搬されないことによって起こるもので、血圧を安定させるためにも体内環境の改善が必要となります。

 

 ふらつきの症状が出たらまずは立ち止まって休むことが必要ですが、1度だけでなくその後も症状がでるようであればすぐに病院で診てもらう必要があります。
 高血圧になると恐ろしいのは動脈硬化や心筋梗塞といった他の病気を引き起こす原因になるためです。

 

 今では3人に1人がこの病気になりますので、現代病の1つといっても過言ではありません。
 血圧が高くなるということは血管が細くなることによって、血管内を通っている血液の圧力が大きくなるため血管の壁が厚くなり動脈硬化を引き起こすことにつながります。

 

 日常の対策としては塩分を摂り過ぎないように注意することですが、この病気になるはっきりとした原因についてはわかりません。

 

 次の記事はこちらです。
 収縮期血圧の数値180は重度の高血圧?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。